勤労感謝の日にオススメの絵本
サンライズキッズインターナショナルスクール 湘南平塚校

保護者様マイページ
  1. お問い合わせ
  2. サイトマップ
MENU CLOSE

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ
2022年11月21日

勤労感謝の日にオススメの絵本

「新嘗祭(にいなめさい)」といわれる日本の宮中行事が由来の「勤労感謝の日」。

はたらく人みんなに「ありがとう」を伝える日です。

子どもたちはいつもなら保育園なのになぜ11月23日がお休みなのか不思議でしょう。

「ありがとう」を伝えることや「お仕事」のことを知ることは大切なこと。

ぜひ絵本の読み聞かせでお子さんに教えてあげてください。

 

勤労感謝の日ってなあに?

勤労感謝の日の由来となった「新嘗祭」は、作物の収穫を神様に報告し、感謝をするお祭りです。

今でも皇室ではもちろん、日本各地の神社で新嘗祭が執り行われています。

一般的には働いている人がお互いにねぎらい、感謝をする日です。

内閣府でも「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」国民の休日として定められています。

子どもたちには毎日一生懸命はたらいている保護者の方やお店の人にありがとうをいう日ということ、ご飯を食べられるのははたらいている人たちががんばってくれているからということを伝えたいですね。

 

読み聞かせにオススメの絵本

ありがとうを伝えることやお仕事をテーマにした絵本を読み聞かせしましょう。

将来の夢を話してくれるきっかけになるかもしれません。

 

こぐまちゃんありがとう

著者:わかやま けん
出版社:こぐま社

「お仕事」がわからない0〜1歳のお子さんにオススメの絵本です。

良いことをすると「ありがとう」と言ってもらえる嬉しさ、助けてもらったときに「ありがとう」を伝えることの大切さを教えてくれる絵本になります。

 

パンやのくまさん

作・絵:フィービ・ウォージントン、セルビ・ウォージントン
訳:間崎ルリ子
出版社:福音館書店

パンやのくまさんは朝起きてパンやケーキを作ります。

お話の中で自然に「働くこと」に触れられているので、1日のお仕事の流れを追いかけながらお子さんの知的好奇心を刺激できるでしょう。

 

ぼくのママはうんてんし

著者:おおともやすお
出版社:福音館書店

ママは電車の運転士、パパは看護師。共働き家族の両親のお仕事について描かれた絵本です。

多様化の時代に子どもたちには性別関係なく好きな職業を夢見てほしいという思いが込められています。

4〜5歳児向けの心温まる家族の絵本です。

 

おおきくなったら なにになる?

著者:フランソワーズ
出版社:偕成社

いろいろなお仕事が出てくるので、お子さんにどんなお仕事をしたいかなと問いかけながら読み進められる絵本です。

参加型のかわいいイラストの絵本にお子さんも夢中になってくれるでしょう。

最近の投稿
Christmas event with parents
12月9日(金)の給食・おやつ
12月8日(木)の給食・おやつ
12月7日(水)の給食・おやつ
12月6日(火)の給食・おやつ
カテゴリー
Story Time
子育てにお役立ち情報
お知らせ・イベント
サンライズキッズについて
サンライズキッズの1日
給食ピックアップ
アーカイブ
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年9月
2022年8月
Page Top