ハロウィンの伝統料理を楽しんでみよう
サンライズキッズインターナショナルスクール 湘南平塚校

保護者様マイページ
  1. お問い合わせ
  2. サイトマップ
MENU CLOSE

Staff Blogスタッフブログ

スタッフブログ
2022年10月20日

ハロウィンの伝統料理を楽しんでみよう

おうちでハロウィンパーティーを行うという方もいらっしゃるでしょう。

お部屋を飾ったり、ハロウィンの仮装をしたりしてハロウィン気分を盛り上げたいですね。

せっかくですから食事にハロウィン伝統の料理やデザートを取り入れてはいかがでしょうか。

こちらではハロウィン伝統料理についてご紹介します。

 

ハロウィンの起源

アメリカのイメージが強いハロウィンですが、起源となる文化の発症はアイルランドです。

古代ケルト人が行っていた収穫祭がはじまりなのですが、それに付随した魔除けの仮装やランタンが楽しいお祭として日本に伝わっている状態です。

アイルランドからアメリカへ移住した人が行っていた収穫祭がキリスト教に取り込まれることで「ハロウィン」となり、宗教色が薄れて世界各国に伝わったため、各地でハロウィンの仮装パレードが行われる楽しいお祭となりました。

そのためハロウィンの伝統料理というとアイルランドのものとアメリカのものがあるのです。

 

アイルランドの伝統料理やスイーツ

この時期アイルランドではじゃがいものがたくさん採れるためじゃがいもを使った料理が振る舞われます。

コルカノン

家庭の味があるコルカノンは、マッシュポテトにキャベツやコーン、香草などを混ぜて牛乳やバター、塩で整えたハロウィン伝統料理です。

ボクスティ

アイルランドの定番朝食でもあるボクスティはマッシュポテトにすりおろしたじゃがいもを加えたじゃがいもだけでできたパンケーキです。

 

バームブラック

紅茶にひたしたレーズンやナッツ、シナモンやナツメグなどのスパイスを入れたパウンドケーキ。

ハロウィンの日にはこの中に硬貨やボタン、指輪などを入れて、食べたときにどれが入っていたかで運勢を占うのだとか。

お子さんが間違って飲み込まないように入れる際には注意が必要です。

 

キャンディーアップル

日本で言うりんご飴のように、りんごに棒を刺してキャラメルやチョコなどでコーティングしたお菓子。

アメリカでも浸透していてよく食べられているそうです。

 

アメリカの伝統料理やスイーツ

アメリカのハロウィンはやはりカボチャ。ハロウィンの時期にはスーパーでカボチャのピューレがたくさん売られているそうです。

パンプキンパイ

日本でも浸透しているハロウィンのパンプキンパイ。本場アメリカでは生のカボチャではなく缶詰のピューレを使うのが主流です。

固くて処理が大変だからとのことですが、日本では生のカボチャを使われることがほとんどでしょう。

マカロニチーズ

アメリカやイギリスの子どもたちが好きな「マッケンチーズ」。

茹でたマカロニをたっぷりのチェダーチーズであえたものでグラタンの一種です。

 

デビルエッグ

アメリカのパーティーメニューでゆで卵を半分に切り、黄身にマヨネーズや塩コショウで味付けをして、白身の中に生クリームのように絞って可愛く盛り付けた料理です。

 

キャンディコーン

アメリカのハロウィンに欠かせないお菓子です。

とうもろこしの粒の形をしたキャンディーで、黄色、白、オレンジの3色で色付けされたカラフルでやわらかく、とても甘いのだとか。

日本ではあまり見かけないですが、輸入雑貨のお店などでぜひチェックしてみてください。

 

最近の投稿
Christmas event with parents
12月9日(金)の給食・おやつ
12月8日(木)の給食・おやつ
12月7日(水)の給食・おやつ
12月6日(火)の給食・おやつ
カテゴリー
Story Time
子育てにお役立ち情報
お知らせ・イベント
サンライズキッズについて
サンライズキッズの1日
給食ピックアップ
アーカイブ
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年9月
2022年8月
Page Top